クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


目線の動きを意識したレイアウト「Zの法則」

人が紙面に目を通す時には、多くの人が「左上」「右上」「左下」「右下」の順番で読んでいきます。
この傾向は「Zの法則」と呼ばれることもあるほど、DM作りにおいて基本的なノウハウです。
目線の動きを意識して情報を配置することで、読み手に「伝わりやすい」DMになります。




「Z」の導線に沿って、重要な情報をレイアウトする


Zの法則


【左上】
 読み初めになる場所です。
 キャッチコピーで、読み手「興味・関心」を引き出すことで
 続きを読んでもらえる可能性が高まります。
読み手の興味・関心

【中盤】
 目線の流れに沿って、読み手の「利益(お得)」が
 パッと見で伝わるようにすることで
 購入への意欲を引き出します。
読み手の利益

【右下】
 「行動(購入)」をするための方法をわかりやすく示すことで
 読み手の背中を押します。
読み手の行動を促す





その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ