クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


余白を確保して、より読みやすくする

DMをデザインする際、あまりにもギリギリまで文字や画像などの情報を入れてしまうと
情報量が多く窮屈に見えてしまうため、読み手が疲れてしまいやすくなります。
読み疲れを防ぐためには、余白を確保することが大切です。




余白を確保したデザインで、読み手の読み疲れを防ぐ


余白が無いと窮屈に見える



枠に対して余白が無いと
読み手にとって「読むのが大変そう、疲れそう」に見えてしまい
読む前に離脱してしまう可能性が高まってしまいます。
余白があると情報量が少なく見える

先ほどと全く同じ情報量ですが
余白を確保したことで圧迫感が減っています。

紙面の面積の都合上、どうしても窮屈なデザインになってしまいそうな場合
全ての情報を無理やり詰め込むのではなく
削れる情報・削れない情報を整理して、要素を減らすか
紙面そのものを一回り大きなサイズに変更することがおすすめです。




その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ