クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


到着する曜日を意識して、DMの効果を高める

DMが到着する曜日によっても、開封率は大きく変わります。
せっかくのDMが「タイミングが悪かった」という理由で捨てられてしまわないように
到着の曜日を意識してDMを投函することも、効果を高めるためのポイントの一つです。




個人へのDMの場合は、週末に届くように送る


個人へのDMは月曜日か火曜日に送る

多くの人が休みになる週末は、DMにゆっくり目を通してもらえる可能性が高まります。
来店キャンペーンなどの場合も、週末であれば来てもらいやすいというメリットがあります。
月曜日から火曜日にDMを送付することで、木曜日から金曜日に到着させることができます。
逆に、忙しい週初めに届いたDMは、開封率が下がってしまう傾向があります。



法人へのDMの場合は、月曜日に届くように送る


法人へのDMは週末に送る

週初めである月曜日は、新しいことを検討しはじめるのには一番タイミングが良い曜日です。
土日でリフレッシュした担当者も、他の曜日に比べると前向きな気持ちになっている可能性が高いです。
逆に、時間やゆとりのない週末や、急ぎでないことは後回しにしたくなる金曜日は
DMが読まれる可能性が下がってしまいます。



顧客の生活スタイルを想像して、DMの到着の曜日を工夫する


接客業で土日が休みでない職種の顧客や
休日の違う外資系の企業などは、必ずしもこの限りではありません。
顧客の活動パターンを意識しながら
到着の曜日を調整することが大切です。




その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ