クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


スクリーン印刷でできる特殊加工
  〜Cかきたくなるもの編〜


スクリーン印刷でできる特殊印刷加工についてのご紹介第四弾です。

前回の記事を読む場合はこちら
スクリーン印刷特集
スクリーン印刷で出来る特殊加工〜@目で感じるもの編〜
スクリーン印刷で出来る特殊加工〜A光で見えるもの編〜
スクリーン印刷で出来る特殊加工〜B触りたくなるもの編〜



≪かきたくなるもの≫


1、サインパネル印刷
2、スクラッチ印刷

この2つは、スーパーや書店など身近な店舗でも使用されているため、
目にする機会の多い特殊印刷です。



サインパネル印刷<溶剤タイプ>


サインパネル印刷


◆特徴
・鉛筆・ボールペン・印鑑などの筆性が良い。
・オンデマンドにもマッチした印刷。

◆使用例
・シールラベル、プリペイドカード、CD、カセット、インキジェット受理層、印鑑受理層など

◆注意点
・用紙やプラスチックに密着適性があるので、事前に確認が必要。
・インキの塗布量を多くするため、繊細な表現は難しい。



スクラッチ印刷<溶剤タイプ>


スクラッチ印刷


◆特徴
・スピードくじ等で使われる印刷。
・つめやコインで軽く削り落とすことが可能で、隠し文字、絵柄等必要な場合に使われる。
・削りカスのでにくいテープを貼ってはがすタイプや、銀以外にも金・赤・青などがある。

◆使用例
・インスタントくじ、ゲーム、学習教材、販促キャンペーンなど

◆注意点
・剥離OPニスが印刷面を保護し、スクラッチを剥がしやすくしている。
・下地を隠すことを目的としているため、用紙の斤量、下地の色濃度等、透けない工夫が必要。






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スクラッチ印刷をDMで使用した場合、受け取り手に反応を示して頂きやすいため、
人気の特殊印刷となっております。

DMに取り入れてみたい!という方はお気軽にご相談ください。




その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ