クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


スクリーン印刷でできる特殊加工
  〜B触りたくなるもの編〜


スクリーン印刷でできる特殊印刷加工についてのご紹介第三弾です。

前回の記事を読む場合はこちら
スクリーン印刷特集
スクリーン印刷で出来る特殊加工〜@目で感じるもの編〜
スクリーン印刷で出来る特殊加工〜A光で見えるもの編〜



≪触りたくなるもの≫


1、発泡印刷
2、フロッキー印刷
3、示温印刷
4、香料印刷

この4つは特殊な質感を出したり、印刷部分に触れると変化が起きるものです。



発泡印刷<溶剤タイプ・水性タイプ>


発泡印刷


◆特徴
・温度と加熱時間により発泡させる印刷。
・白色を始め、色を作ることも可能。

◆使用例
・ポスター、表紙カバー、スタンプ、キャラクターグッズ、Tシャツなど

◆注意点
・用紙斤量は180kg以上を推奨。
(発泡温度が130度以上となり、用紙の斤量によってカールの問題が起こる可能性があるため)
・基本的に抜き加工になるため、事前に後加工の確認が必要。



フロッキー印刷<水性のり>


フロッキー印刷


◆特徴
・静電気の力を利用して短い繊維を立たせて付着させる植毛印刷。
・限定でバインダー接着剤の中に特殊な香料の練りこみも出来る。
・色の指定も可能で、デザイン・毛足の長さによっては多色印刷も出来る。

◆使用例
・ステッカー、ポスター、ポストカード、表紙カバー、成型加工など

◆注意点
・静電植毛のため静電気が発生しやすい基材(プラスチック)は事前確認が必要。



示温印刷<UVインキ(紫外線硬化型)>


示温印刷


◆特徴
・温度変化に応じて色が出たり消えたりする印刷。
・変化する温度も一定範囲内で設定でき、黒色の他に青、赤、緑、オレンジ、紫などがある。

◆使用例
・簡易温度計、活力判定ラベル、温度チェッカー、教材、雑誌、ラベルなど

◆注意点
・他のUVインキに比べ接着が弱いため、表面にラミネート加工を施すことが望ましい。
・インキ粒子が粗いため、精細な表現は難しい。



香料印刷<UVインキ・溶剤タイプ・水性タイプ>


香料印刷


◆特徴
・香料をマイクロカプセルに閉じ込めインキにして印刷をする。
 印刷塗膜を擦るとカプセルが壊れて香りがでる。

◆使用例
・イミテーション見本、ポスター、宣伝グッズ、ポストカードなど

◆注意点
・規格品は数十種類あるが、特殊香料の場合はオーダーメイドとなる。
・カプセルインキの性状から精細な表現は難しい。





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DMに取り入れてみたい!という方はお気軽にご相談ください。
次回は【スクリーン印刷でできる特殊加工〜Cかきたくなるもの編〜】を
ご紹介したいと思います。




その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ