クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト

ホーム > DM作成のノウハウ > 文字のアウトライン化
アウトライン

文字のアウトライン化

文字情報を図形に変換することをフォントのアウトライン化といいます。
アウトラインをかけることで、フォントがインストールされていないPCでデータを開いた際に生じる文字化けを防ぐことができます。
ただし、一度アウトライン化したフォントは元に戻すことができません。修正等が必要になったときのために、アウトライン化した場合は必ず別名で保存し、アウトラインをかける前のデータと一緒に保管しておくようにしましょう。

弊社ではデータ入稿の際、アウトライン済みでのデータ入稿をお願いしております。入稿の際はお忘れないよう、ご注意ください。

アウトラインの手順

すべてのレイヤーのロックを解除する

  • ドキュメント上のすべてのオブジェクトを選択できるよう、ロックを解除します。

    鍵マークをクリック→[ロックを解除]

  • レイヤーのロック解除

すべてのオブジェクトのロックを解除する

  • [オブジェクト]→[すべてをロック解除]

    ※ロックされているオブジェクトが無い場合は
    選択できません。

  • オブジェクトのロック解除

アウトラインを作成

  • 1.すべてのオブジェクトを選択します。

    [選択]→[すべてを選択]

  • オブジェクトの選択
  • 2.フォントのアウトライン化

      すべてを選択した状態で変換します。

    [書式]→[アウトラインを作成]

  • アウトラインを作成

すべての文字がアウトライン化されているのを確認する

  • [書式]→[フォント検索]

    フォント名が何も表示されなければ、
    すべての文字がアウトライン化されています。

  • フォント検索
検索結果

aiデータを別名で保存する

  • [ファイル]→[別名で保存]

    ※ファイル名にOL(アウトライン)とつけておくと後で
    判断しやすくなります。

  • 別名で保存






その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ