クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


封書DMの各ツールが持つ役割

封書DMの中にはいろいろなものが入れられますが、その各ツールにもそれぞれ役割があります。
以前ご紹介した「Zの法則」が基本となることは変わりませんが、封書DMの場合、全体の組み立ても重要です。

封書DMに対する≪4つの心の動き≫

 
封筒の役割 @「注目」させる封筒

注目させる仕掛けとして「ティーザー」と呼ばれるテクニックが有効です。
ティーザー広告は「じらし広告」とも言われ、お客様のメリットとなるもの(優待券または特典在中、期間限定など)を 一部分だけ紹介して注目・興味を起こさせます。
  
挨拶状の役割 A「興味」を起こす挨拶状
伝えなければならないメッセージの概要をパッと見で分かるようにします。
小さな文字で長々と書くのではなく、読んでいただき興味や欲求を引き起こす内容にしましょう。
パンフレットの役割 B「共感」「納得」させるパンフレット
封書DMのパンフレットは各ツールの集合体としての流れも考える必要があります。
共通した色、文章(タイトルやキャッチ・コピー)、写真を使うことでメッセージを明確に打ち出すことができます。








C「みようの行動」を促す小道具
キャンペーン期間中に使える優待割引券や、自店に関連したノベルティなどを封入します。
宛名面にティーザーコピーとして封入をお知らせしましょう。



お客様の対象(ターゲット)が異なっても、商品やサービスを購入するときの心理にそれほど大きな違いはありません。
心の動きと各ツールそれぞれの役割を知ることで、より効果的な封書DMを作ることが出来ます。



その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ