クリエーター&企画担当者のためのパターンオーダーDM作成サイト


DMをテスト送付して
効果の高いDMを見つける方法

DMの内容によって、反響が10倍違うこともあるほど、DMの内容は重要なものです。
しかし、特にDMを初めて実施する場合、どのようなDMであれば効果が出るのか
わからない場合があります。
DMの送付スケジュールに余裕がある場合や、季節に左右されない内容の場合
顧客リストの一部を使ってDMの反響をテストすることができます。




DMをテストする基本的な流れと方法


複数種類のDMを作る

 どのようなDMにすれば反響が取れるのか仮説がいくつかある場合や
 送付数の多いDMの場合は、予め反響のテストをすることがおすすめです。
 反応の良さそうなDMを2〜3種類程度作り
 それぞれのDMの反響を個別に集計できるよう
 DMごとに、別々の媒体番号や電話番号を記載するようにします。
一部の顧客にテスト送付

 顧客リストから一部のリストを抜き取り
 テストしたいDMの数分にグループ分けします。
 この時、グループ毎の顧客の特性に偏りが出ないように注意します。
 また、送付に際しても、送付日などの諸条件に
 違いが出ないように注意します。
 失敗例として、グループを二つに分けた時に
 グループAは10代が多く、Bは30代が多いと
 反響に違いが出た時に、DMの内容が原因なのか
 年齢の違いが原因なのかがわからなくなってしまいます。
反響を集計する

 どのDMの反響が良かったのかを集計します。
 反響を集計する時は、1ヶ月から3ヶ月の期間を取ることが理想的です。
 DMの内容によって、反響の出るタイミングが違う場合があるためです。
DMを本番実施する

 反響の良かったDMで残りの顧客にDMを送ることで
 DMの効果をより高めることができます。
 注意点としては、例えば、複数種類のDMの反響を集計した時に
 「DM<A>は反響が一番悪かったが、30代からの申込数が突出して多かった」
 などの傾向が見えた場合、30代には一番反響の良かったDMよりも
 DM<A>を送る方が効果が高い可能性があります。
 DMの反響を計測する際は、顧客特性なども注意して見ることが大切です。




その他のDM作成ノウハウ記事一覧



見積内容を見る

ご利用ガイド

お問い合わせ